会社員が書く雑記

雑記中心。気ままに書いてくよ

どんな仕事にも気持ちを込められる -自分を限定しないということ

私が日々仕事に対して思う気持ちを書く。

 

過去に私は、専門的な職業に就くことになった。

その職業に関する学習も進め、ある程度の技術が身に付き、そこそこの戦力として見られるようになった。

数ヵ月後の目標も決め、毎日精進していた。

 

しかし突然別の部署への異動が知らされた。それまで培った知識・技術が無駄になったという気持ちを抱いたし、せっかく腰を落ち着けて頑張ろうかという気持ちも失せることになった。

不満や失望に囚われ、しばらくの間やる気が出ない毎日が続いた。

今でも「前の部署でやっていられたら……」と思うこともある。

 

それでも、だ。

もしも私が別の会社で他の仕事をしていたとしても、別部署に異動となる可能性はなかっただろうか。

やりたいとも思わない仕事をすることになった別世界の私がもし幸せに過ごしていたとしたら、一体どのような心持ちなのだろう。

そういうふうに考えてみたら、ある結論に至った。

 

「誰かのためになることなら何でもいいじゃないか」

 

組織には目立って成果を出す人もいればそうでない人もいる。

しかし成果を出すことが全てかと言われたらそうではないはずだ。

もし成果を出す人ばかりの人が集まった組織だとして、その中で相対的に見たら成果を出せない人は必ず生まれる。

組織の中で仕事は振り分けられ、大きな仕事は上位の人間のもとへいき、雑用のような仕事は下位の人間がすることになることが多いのではないか。

であるから、下位の人間がいるから上位の人間は雑用をしないで済むのだ。

 

だから全ての仕事に対して気持ちを込めてやればいい。

部署や立場なんて所詮たまたま与えられただけのものなのだから。

私は自分の職業や仕事の内容をあまり気にすることはなくなった。

 

少し逸れるが「やらないことを決める」という考え方は大事だ。

「やらないことを決める」というのは本当にやりたいことを消去法で浮かび上がらせる方法である。

この記事に関して言えば「『自分を限定すること』をやめる」ということだ。

 

もしも仕事が溢れ多忙になったら……。

それは人から求められていたり必要とされているということだから良い傾向である。

そしたらまたその中からやらないことを考えてみたらいいだろう。

もしそうじゃなくて基本的に暇なのであれば「やらないこと」なんか考える意味はない。

何でもやった方がいいと私は思う。