会社員が書く雑記

雑記中心。気ままに書いてくよ

スマホの有効活用法を教えて

総務省HPの平成30年版情報通信白書によれば、20代・30代は90%がスマートフォン保有している。また40代は85.5%、50代は72.7%となっている。

利用目的は大部分がメール、SNS、LINE、動画共有サイト等のコミュニケーションのためであり、他には地図や天気、ニュース等の情報取得が挙げられる。

データを見るとスマホを持っていない方が少数ということが明らかとなった。

 

ではスマホを持っていてSNSや動画サイトを利用しないような人はどのような使い方をしているのだろうか。

スマホは決して安いものではないので、活用できていないのは非常にもったいないことだと私は思うのだ。

スマホを活用することと中毒になってしまうこととは違うしそのことについても書いてみたいのだが今は置いておくとしよう)

 

そういうわけで、少し書き出してみることにした。

 

1.デジタルフォトフレームとして利用

大抵のスマートフォンには画像を再生できるアプリが入っている。

アプリの機能で画像を自動再生に設定すれば、端末の中の画像が自動で再生される。

これを利用することで、スマートフォンデジタルフォトフレームとして利用することができる。

スマホは写真を撮れるので、旅先で撮った写真を自動再生にし、写真を見ながら仲間と思い出話をするのも楽しいだろう。

おすすめアプリは鉄板のQuickPicだ。

画像をフォルダ分けするのも簡単で、見せたくない画像を隠しフォルダに入れることもできるので安心である。

play.google.com

 

またradikoを入れることでラジオも同時に再生することができる。

radiko.jp

無音がイヤでテレビをつけるが何も面白い番組がやっていないというときは、ラジオ+写真の自動再生を楽しんでみてはどうだろう。

 

2.ペットの監視

スマホはカメラが付属した通信機器である。

もしも家にパソコンやもう一台スマホが余っていてWi-Fi環境も整っていたとすれば、ビデオ通話を使いペットを監視することができる

遠隔地でペットの様子を見たいときに便利だ。

まず持ち歩くスマホと、家庭にあるWebカメラが使えるパソコンもしくは余っているスマホSkypeなどの通話用アプリを入れる。

www.skype.com

それからペットの姿を撮影する端末の方のSkypeの設定でビデオ通話を自動応答に設定する。

そして持ち歩くスマホから家庭の端末にSkypeでビデオ通話をかければ、いつでもペットの様子を見ることができるのだ。

(ペットに声をかけてみるのもいいだろう。反応するかどうかはその子によるが)

 

3.懐中電灯、照明として利用

夜、電気を消した室内を移動するときに使う方も多いかもしれない。

スマホには標準でライトがついている。

Androidの場合、画面上端から下へスライドし、懐中電灯のようなアイコンをタップすればスマホ背面についているライトが点灯する。

機種ごとにやり方が違うかもしれないので、同じやり方でできない方は下に紹介するサイトを参照していただければと思う。

スマホのライト機能の使い方(付け方・消し方・明るさ調節)をiPhone、Android機種別に紹介 | スマホサポートライン

 

 

他にも良い使い方があるだろうか。

こういうところで使える、こういうところで使ったら便利だった、等あれば是非知りたい。

また思いついたら書いてみようと思う。