会社員が書く雑記

雑記中心。気ままに書いてくよ

いい風呂(11/26)の日

私は風呂嫌いである。
風呂に入るには服を脱がなければならない。寒い。
頭や体を洗うのも面倒だ。しかし洗わなければ中途半端に濡れるせいでなんだか髪が油っぽくなるような気がするし痒さも出てくる。
そして風呂から上がるときには体を拭く。ああめんどくさい。
体は拭いても汗が出てくる。寒い日は熱いお湯を浴び続けるため、上がったあと小一時間は寒さを感じない。冬なのに暑いのだ。

そういう理由で以前は朝にシャワーを浴びるのみだった。
何も不潔なのが好きというわけではない。
ちゃんとシャワーを浴びて髪を整えいかにもきれい好きというような見た目で世間と接している。

ところが結婚すると妻が風呂に入らない人間を決して布団に入れさせないタイプだった。
渋々寝る前には風呂に入ることにした。私も妻を説き伏せてそのまま布団に入るほど強情ではないのできちんと入るのだ。夫婦円満の秘訣だ。

今ではすっかり習慣づき、妻が不在の日でもずるをせずに風呂に入っている。
多少は風呂のよさを知ったつもりである。

今日は11月26日。語呂合わせで「いい風呂の日」だという。
各人の風呂との付き合い方は様々で、帰りの車のFMで話していたが、とても面白かった。
ラッシュのバスボムを使いラジオを流しながら風呂に浸かるのが最高という人がいる。とてもいい匂いに包まれるのだそうだ。スマホも最近の機種は軒並み防水仕様のためそういう楽しみ方もあるのだなと思った。

ところでバスボムというのは浴槽を傷めないのだろうか。
私は入浴剤は浴槽を傷めそうで怖いので使っていない。
それが私の誤解だとするなら、是非使ってみたいと思うのだけど、どうなのだろうか。
昔父方の祖父と同居していた頃は毎日入浴剤を用いており、森林の香りはよく記憶に残っている。
香りの効用は素晴らしいもので、非常にリラックスできる。
今度妻に相談して入れてみようか。

これからますます外は寒くなる。
家の風呂ばかりではなくたまには銭湯や温泉にでも出掛けるのもいいだろう。
近場にないか探してみると意外とあったりするものだ。
風呂嫌いでもたまになら楽しめるのだ。