会社員が書く雑記

雑記中心。気ままに書いてくよ

仕事着をユニクロからワークマンに乗り換えた話

先日ワークマンに行き、仕事着としてFind-Outの耐久撥水ウォームジャケットを購入した。
store.workman.co.jp

ワークマンといえば作業着や作業靴、軍手などを取り揃えている現場向け作業服・関連用品専門店である。
最近なぜか流行っているらしく日テレの朝の情報番組ZIP!でも取り上げられていた。
ワークマンの店舗はよく使う道路沿いにあることを知っていた。身近な存在であったが今までそれほど興味を持たなかった。
ちょうど寒くなってきて仕事用に何を着るか迷っていたので、いい機会に私もワークマンへ足を運んでみようと思ったのだ。

いざ店内へ入ると非常に多くの作業着や防寒具が揃っており圧巻だった。
それまで選択肢としてユニクロのスウェットやパーカー程度しか考えていなかったのだが、ワークマンは種類も豊富でよりどりみどりだった。
ザ・作業着といわれるものから防寒具として使えるもの、裏起毛のインナーなど、この季節重宝されるものが多数用意されている。
つい楽しくなり作業靴や手袋も見て回った。そろそろ雪が降る頃なので冬のタイヤ交換に使えそうな機能的な手袋も見つけられた。私の住む地域は豪雪地帯として知られているので、雪かきをするのにも便利そうだ。
これは必要なので今度また見に行こうと思っている。

ワークマンは価格もかなり抑えられている。
今回私が購入したものはなんと税込み2,900円である。
仕事用の服としてではユニクロよパーカーよりも若干安いにも関わらず防寒性や機能も優れており、非常に満足な商品である。
現在ほぼ毎日これを着て仕事に通っているが、職場の倉庫や現場は冷えきっていることが多い。この商品は暖かい着心地のため助かっている。
また撥水性もあるため突然の雨に濡れてもそれほど気にならなかった。
今後日常的に着る作業着はワークマンへ行けば話が早いだろう。

誤解させてしまったかもしれないが、私はユニクロも好きである。
パーカーは数種類持っているしUTの新作はチェックしている。様々な色のフランネルチェックシャツも好きだ。
ただ結局ユニクロはおしゃれなのだ。作業着として用いるにはもっといいものがある。
それがワークマンには揃っており選択肢が多数用意されているという話である。

周りの若い人達にもっとワークマンで買える作業着のよさを知ってほしいと思う。
今は一着しか持っていないが、また時期を見て数種類買い揃えるつもりだ。
仕事だけではなく家の掃除や作業をするときにも使えるので数があっても困ることはない。
作業着を用意するということはおしゃれ用の洋服と明確に分けることができるので、ファッションにお金を回せるということにも繋がるだろう。

つい気持ちが熱くなってしまった。
これまでと違う新しいものを生活に取り入れると気分が盛り上がるというものだ。
またいいものを見つけられたら紹介したいと思う。