会社員が書く雑記

雑記中心。気ままに書いてくよ

何か書かなければと考えあぐねていた昨日の自分へ

今週のお題「ブログ初心者に贈る言葉


 ブログを書くときはあまり悩まずにありのままを書けばいい。世間には自分にしか気づけないことがあるのだから。誰かのための記事になれたらそれは素敵なことだが、そんなことはあまり考えなくてもいい。

 とりあえず記事を書くために文字を打ち始めたら直観的に言葉が浮かんでくる。その浮かんできた言葉を捕らえ、ブログに書いていけばいい。

 その言葉が私自身の記憶に焼き付き、実生活に反映されていくことだってある。結局のところ私のための日記なのだ。


 心の奥底に押し込まれた悩みが出てくるかもしれない。もし出てきたら、それを受け止めることで自分の身になる。また一歩先へ歩くことができる。

 同じ様な悩みを抱えた誰かがブログの記事を見てくれることがあるかもしれない。もしその人と悩みが共有できれば、お互いの肩の荷が下りるだろう。

 アフィリエイトや収益を得るための方法は多少調べたが、私はあまり興味がわかなかった。とにかく書くことが楽しい。誰かが見てくれることがある。私にはそれだけで十分である。


 ネットの中で私の居場所を構築することは私がブログを書く理由の一つだ。ここは私の家なのだと思いたいのだ。ここでは私は自由に言葉を発することができ、たまに誰かが遊びにきてくれる。今はまだ日記しか書いていないが、そのうち内容を発展させ、もっと楽しいことをやりたいと思っている。

 とにかくブログを書き続けていれば何か面白いことが起きるかもしれない。そういう予感がする。まだ見つけられないのだが何か面白いことができればと思う。


 ブログを書くことだけに集中するのはいいことではない。仕事を一生懸命して、興味がある場所へ遊びに行くこともした方がいい。その経験をブログに落とし込めば楽しい記事が書けるだろう。世の中にはあんまり知られていないけどこんな楽しいこともあるのだ、と書けたら素敵だと思う。


 もうブログを書き始めて1ヵ月半が過ぎた。正直あまり長くはもたないだろうと思っていたが、案外長く続けられている。最初から「続かないやる気」は出さないと決めていたのが効果的だったのだろうか。これまで力を入れて書いた記事はたぶんない。文字を大きくしたり見出しを作ってみたりしたこともあるが、その程度だ。書く内容は最低限「身バレしても問題が起きないような内容」であることは心掛けている。


 そもそもブログを始めた動機は、私と同じように生き辛さを感じている仲間に対して言葉を掛けるためだった。しかし1記事書いた程度で「もういいや」となった。私には専門的な知識もないので無責任に言葉を発することはできない。それよりも私に書けるくらいの緩い記事を書いた方が、もしかすると巡り巡って誰かのためになるかもしれない。

 これからもあまり悩まずに楽しんで記事を書き続けたらいい。経験と直観が頼りなのはどこか人生と似ているかもしれない。