会社員が書く雑記

雑記中心。気ままに書いてくよ

ブログを始めてもうすぐ3ヵ月なので活動を振り返ってみる

 過去の記事を見返してみた。ブログを2ヵ月以上続けてきたので何か進歩のようなものはなかったのかと確認してみたかった。たかが2ヵ月程度であるが、私にはとても長い期間なのだ。

 見返してみると内容がないのは今と同じだが、文章が今よりももっと拙い。どうでもいいような内容でも書き続けなければ上達はしないのだなと感じた。

 逆に言えばどうでもいいような内容でも書き続けていれば文章力は向上し、自然な言葉運びや上手な伝え方を身に付けられるのではないか。


 私のブログは日記がメインで、他にはたまに買ったものを紹介する程度の内容の薄いブログである。それでも2~3ヶ月書き続けており、初期の頃に投稿した記事と比べると文章が全然違ったりする。やはり文章を書くことを続けていれば何かしら上達していくのだ。内容の水増しのやり方とか。


 ところで最近は実生活からの逃避のために書いているようなところもある。

 正直に言えば仕事も家庭もあまり本調子ではないと感じている。問題があるのかと言われればそうではないのだが、生活の平坦さに退屈している。

 そのことで感じているもやもやを発散しているのかもしれないが、何もしないで生きているより記事を書くことを考えながら生活をしている方が楽しいのである。

msne.hateblo.jp

 これは過去にSONYのワイヤレスポータブルスピーカーを衝動買いしたという日記を商品紹介と共に書いた記事だが、週間はてなブログにて紹介して頂きたくさんの人に見てもらう機会を得た。

blog.hatenablog.com

 はてなのお題に投稿したのも初めてで、そのうえ急激なアクセスの伸びがあり衝撃を受けた。今でもこの記事にアクセスがあり、読んでもらえているということに大変嬉しく思っている。


 ブログを始めた当初はアクセス0だったが、私が書く拙い文章もとうとう誰かに読んでもらえるようになったのだ。

 アクセス0の頃、いつか誰かに来てもらうことを夢見ながら書いていたのだが(その割に内容は薄い)、アクセス0と1の壁は厚く、書いても書いても自分以外のアクセスはなかった。しかし心を無にしとにかく毎日書いた。内容があろうがなかろうが構わず、日記のような記事を書き投稿した。いつかアクセス1を得ようと。

 私は未だにそんな気持ちで記事を書いているので、アクセス1が嬉しいのだ。このインターネットの海の目立たない場所にわざわざ誰かが来てくれるようになった。それだけで十分私はよくやったと思う。


 現実では私のような若造の発言力は皆無である。意見があれば少し年上の方に意見を伝え、その方の口から上の立場の人間に伝えてもらうようなことをしている。そんなだから私の意見をダイレクトに伝えられるこの場所は私にとって貴重なのだ。

 今ではようやくブログを1日10~20名の方に来て頂いている。非常にありがたい事であり、感謝申し上げます。


 ブログに載せる内容に関してはもう少し吟味する必要性はあるかと思う。私が抱えているものの中でどれが誰かのためになるものなのか未だに分析不足であり、ブログを更新しながら少しずつ良くしていくつもりだ。


 ブログ読者になって頂いた方には感謝申し上げます。これからも引き続きよろしくお願い致します。