会社員が書く雑記

雑記中心。気ままに書いてくよ

後輩に失望したセクハラ事件

 会社の飲み会での席のこと。

 多人数で行われたその飲み会は和やかな雰囲気で始まった。乾杯をし、食事を楽しみ、普段話せない人へお酌をしに行く、いつものと変わらない普通の飲み会のはずだった。

 お酒が回り始めた頃、一人やたら騒いでいる人がいた。入社してそれほど年月が経過していない若手社員だった。

 彼は仕事中ははしゃいだりせず、かといって仕事ができるわけでもないうだつが上がらない社員だ。私は彼と一緒に仕事をしたことがあるが、木偶の坊とはまさに彼のことだと思った。

 私だけがそのように思っているのであれば認識を改める必要があるが、実のところ彼と関わりのある社員は皆同じように彼を低く評価していた。

 だからこそ私は何かあれば彼をサポートしたいと思っていた。それが日本の会社の先輩社員の務めでもあるだろう。


 しかし彼に対する考えはこの飲み会で変わってしまった。


 彼はどれだけ酒を飲んだかはわからないが酔いに任せ、女性社員へのセクハラを開始したのである。

 顔を女性社員へぎりぎりまで近づけ、隙あらば太ももへ手を置こうとする。なんなら抱きつこうという意思さえ感じられる。女性社員は普段温厚で怒ることが全くないのだが、その表情はガチギレ寸前である。「これはヤバい」と判断した私たちは彼を取り押さえ女性社員から引き剥がす。

 「痛い、やめてください。大丈夫だから!」

 何も大丈夫ではない。誰も君のことなど心配していない。なんなら酔い潰れていてくれた方がマシである。

 その隙に女性社員は遠くの席に避難した。ひとまず安心である。

 飲み会の時間を彼のために費やしたくないので軽く注意して彼を解放する。彼は不貞腐れた様子で自分の元いた席に戻る。


 一体なぜ彼はセクハラ行為に及んだのだろうか。

 相手は彼よりも年上である。いや、年上であれ年下であれ、相手に対して敬意がないのだろうか。

 お前ごときが。彼には申し訳ないがそう思わざるを得なかった。下衆である。

 仕事もまともにできないうえこのような恥ずべき行為に及ぶとは。なぜそんなことができるのだろうか。私には理解しがたい。これでは社内イケメンランキング最下位決定じゃないか。


 その後も彼は懲りずに別の女性社員へ同じ様にセクハラをする。彼の振る舞いがあまりにもひどいので偉い人に説教部屋へ連行されていった。
「大丈夫だから!大丈夫だから!」
と彼は繰り返し叫ぶのだが、これで大丈夫だと思っているのなら二度と酒は飲ませられないだろう。

 きっと酒の勢いで本当の彼の姿が出てきたのだろう。彼は普段からときどき人を舐めた態度を取っていたのを私は見ていた。杞憂だろうと思っていたのだが、非常に残念だった。

 何かあったらサポートしたいと思っていた私の気持ちはこの件でスッとなくなった。気にかける労力がもったいない。


 酒の席での振る舞いには重々注意したい。普段から人に対して敬意を持っていればあんなことはしないとは思うのだが。

 酒の勢いで調子に乗るなよということである。この一件がどれだけ彼の今後に響くかは考えたくもない。


 ちなみに私はあまり会話をせず出てきた料理を全て食べることに集中していた。満腹だった。