会社員が書く雑記

雑記中心。気ままに書いてくよ

Kindle Paperwhiteをポチったので届くのが楽しみなのだ

 昨夜、タイトルの通りKindle Paperwhiteを注文した。
Kindle Paperwhite、電子書籍リーダー、防水機能搭載、Wi-Fi 、8GB(Newモデル)
 毎月の小遣いからKindleを買う資金を捻出すべく、先月辺りからコツコツと消費を抑えていた。その甲斐あって十分な資金が溜まったので、念願のKindleを購入するに至ったのだ。

 購入したKindleの仕様は、容量は32GB、広告なし、Wi-Fiモデルだ。この上の仕様だと「Wi-Fi+無料4G」がある。私の場合、Wi-Fi環境が整っている場所で使ったりスマホのデザリングを利用したりすればいいと思ったので、無料4Gは付けないことにした。また本体料金を抑えるためということもある。この仕様で2,000円の差が出るため、無料4Gの利用頻度との兼ね合いから、今回は選択肢化から外させてもらった。

 本体と合わせて、保護フィルムとケースを購入した。ケースは純正品が高価だったので、他の安価な商品で妥協した。

 さてこうしたAmazonでの買い物は、注文から届くまでの間が妙にそわそわして落ち着かない。

 買うに至るまでにも、商品のレビューや実際に使用している人のブログ記事を読んだりして落ち着かなかった。しかし注文した後は尚更そわそわしてしまう。

 私は買い物慣れしていないのだ。慣れていれば、こんなにそわそわしないのかもしれない。それに今回の買い物は、私にとって非常に高価な商品である(3.000円は安くない買い物、5,000円は高価な買い物、それ以上は重大な決断が必要な買い物だ)。そのため、注文から届くまでの間にそわそわしてしまうのは、仕方がないことなのだ。

f:id:msne:20190227102812j:plain

 ところで今さらになるが、Kindleという商品は電子書籍リーダーである。Kindle単体では何の役にも立たず、電子書籍をダウンロードして初めてその役割を果たすのだ。そのため、読みたい電子書籍をあらかじめ考えておけば、導入がスムーズになるだろう。

 ちなみにKindle端末の画面表示は、フルカラーではない。白黒である。私がauブックパスに登録して読み耽っていた書籍は、断トツでグラビアだ。綺麗な女性の写真を、思う存分眺めてきた。しかしKindle端末ではそのグラビアも白黒表示になってしまう。そのため、Kindle端末で読むための電子書籍の候補から、グラビアは自ずと外れてしまう。

 こういった書籍をKindle本でダウンロードして読みたいのであれば、Kindle端末以外(タブレットPC等)にKindleアプリを入れて読むのがよろしい。

 Kindleというか電子書籍全般の特徴として、実体を持たないことが挙げられる。これには様々な意見(場所を取らない、古本として売ることができない、読んでいる気がしない等)が言われているが、私は「買った本が何かわからない」ことを強みとして挙げたい。

 私は「こんな本を読んでいるのか」と思われるのが恥ずかしく、購入を躊躇うことがある。先に挙げたグラビア本もそうなのだが、自己啓発本や流行りの小説、思考を怪しまれる可能性がある内容の本等がそれに当たる(恥ずかしいと思う理由は人それぞれあると思う)。

図解 黒魔術 F‐Files

図解 黒魔術 F‐Files

 Kindleが届いたならば、今まで手に取れなかったそんな本にも手を伸ばそうと思う。

 まあそういうのはちょっと変わった使い方だろう。読みたい本を何冊でも持ち歩けることが、電子書籍の一番の強みである。

 Kindleを生活に導入することで、私の読書生活がどれだけ変わることができるのか。楽しみである。