会社員が書く雑記

雑記中心。気ままに書いてくよ

まだ春が来ない

 最近は、暖かくなったり寒くなったりしていて気温の変動が激しい。
 アウターがいらない日が続いたかと思えば、今日はみぞれが降った。
 みぞれとは雪が混じった雨のことである。いつも降る雨と違い、氷の冷たさがある。車を運転しているときにワイパーを動かすと、窓の端に溶けかけた氷が集められた。


 まだまだコートは片付けられないようだ。
 もう3月の中旬なのに、重たい服装をしなければならず、晴れやかな気持ちになりきれない。


 ストーブの灯油がなくなってきたので、夜に一人で車を走らせて灯油を買いに出掛けた。
 夜になるとみぞれは雨になっていたが、雨足が少し強かった。濡れた道路が反射し、道路の見通しが悪い。
 早く行って帰りたかったけど速度を落とさざるを得なかった。


 車の中では私の好きな音楽がかけられている。
 妻が助手席に乗るときは妻の選ぶ曲が多く流されるので、一人の時くらいは自分だけがよく聴く音楽をかける。

UNISON SQUARE GARDEN 「スカースデイル」ショートver.

UNISON SQUARE GARDEN「春が来てぼくら」ショートver.


 灯油を買いに行くという名目で外に出たが、気が付けば一人でドライブを楽しんでいた。
 高めのボリュームで音楽鳴らし、調子はずれに歌いながら、小さな軽自動車を走らせている。視界が悪く道の先がほとんど見えない。


 スタンドに着く頃にようやくボリュームを下げ、灯油売り場へ車を入れエンジンを切る。
 車からポリタンクを降ろし、灯油代を機械に入れようとする。
 しかし灯油代としてたくさんお金を預かってきたが、そもそも灯油はどれくらい買うのが適正なのかわからず、毎回ポリタンクが満杯になるまで入れていた。
 ためしにポリタンクを調べてみると、18Lと記載されている。なるほど。知らなかった。
 今回はポリタンク二つ分を買う。
 機械にお金を入れ、ポリタンク二つ分の36Lを指定する。
 灯油を注ぎながら、機械に表示された数字を見る。数字は灯油が入った量を示している。
 ポリタンクが満杯になったかどうかを基準にせず、数字が18Lを示したら次のポリタンクに入れ始めればいいとわかったので、楽だった。


 灯油を買い、軽自動車に乗せる。灯油が入ったポリタンクは重たい。


 帰りも再び音楽を鳴らす。灯油を買うために来たのだけど、ドライブついでに灯油を買うような気分だった。
 車内カラオケを楽しんでいると、前方に初心者マークを付けた車が現れた。
 追い越して行こうとも思ったが、追い越し禁止の道で、視界も悪かったため、諦めた。
 まあ帰るのも少しくらい遅くなってかまわないから、その分カラオケを楽しもうと思い、車間距離を開けてこちらものんびり走る。幸い後方に車は走っていない。


 気が付くと、自宅から離れたコンビニの前まで来てしまっていた。
 曲がる場所を通り過ぎてしまっており、一瞬どこを走っているのか分からず、慌てて元の道を戻る。
 ちょっと楽しみ過ぎてしまった。


 家に着くと、妻に「灯油を買ってきてありがとう」と感謝された。
 「寄り道せずまっすぐ帰ってきたよ」と報告する。
 今週は色々と忙しかったので、月曜日に備えるため早く寝て疲れを取ることにした。


 晴れたり雪が降ったりと慌ただしい天気が続く。
 でものんびり待っていれば春はもうすぐだ。