会社員が書く雑記

雑記中心。気ままに書いてくよ

だるいということを書くだけで何の役にも立たない日記

 連日「疲れた」ということばかりブログに書いていた。
 書く内容を考えてはいたのだけど、何を考えても疲労感のことに繋がってしまい、読む方もしんどいような日記になってしまった。


 ブログを更新するとき、面白くて人の役に立つ記事が書けるのが一番良い状態だと思う。
 だけどそれができないのなら、無理に面白いこととか人の役に立つことを書くことを目的にしなければならないというわけではない。
 それができる人はやればいいし、できない人がブログを書いてはいけないということはないだろう。
 面白いことと人の役に立つことは、それぞれがブログを書いている中での副産物であると考えても良い。


 書くことは自分の状態を把握するプロセスでもある。
 今回、日記を書くことにより「自分は今大きな疲労を感じている」状態ということが把握できた。
 その事実をきちんと受け止めれば、疲労回復の手段を取ることに繋がる。


 それにもしかすると何か人の役に立つこともあるかもしれない。
 この場合だと、自分が疲れていることに無自覚な人が、もし私の日記を読んだら、自身の疲労に気が付くきっかけにもなる。
 「ここに疲れてる人がいるけど、私は大丈夫だろうか」
と思ってもらえれば、それで私の日記は役割を果たしていると言えるだろう。


 駄々をこねるようなことも書くかもしれない。
 あれが嫌だこれが嫌だと周囲に不満を感じている様子を書き、後で自己嫌悪に陥るパターンだ。
 そうしたら、反面教師のように思ってもらえれば幸いである。


 私という人間は立派な考えを持っているとかユーモアがあるとかそういうのではない。
 そんな人間が格好つけてブログに意識高そうなことを書くは、ちょっと疲れてしまう。
 だから負の感情でも醜い心でも、何でもかんでもブログに書いて自分を世の中に示した方が多分楽しい。


 きっと人気ブログだとか収益を上げているブログだとにはなれないだろう。
 最初こそちょっとだけはそうなりたかったけど。
 今は、いつまでも同じようなことを書いている何がしたいのかよくわからないブログを目指したい。


 昨日は休日で、色んなところに行ったり漫画を買って読んだりして気持ちをリフレッシュした。
 まだ少し疲れは残っているけど、まあまあ良い感じである。
 もしかすると風邪を引いていたのかもしれない。


 ぐだぐだ言ってても何だかんだ頑張っているので良しとする。