会社員が書く雑記

雑記中心。気ままに書いてくよ

心は折れない。グミだから

 身近な人が「心が折れそうだ」と思わず呟いてしまうような毎日である。


 私からしたらすぐに放棄してしまいたくなるような人間関係の中に身を置き、むつかしい仕事に日々精進しているような方々である。
 立派過ぎる。
 とりあえずブログを書きながら今ある仕事をこなしている私とは大違いである。


 人間関係でつまづいた方が
「あなたならどうしてた?」
と私に問いかけた。
 私は
「変なこと言われたら『あ、はい・・・・・・』とか言って自分の作業に戻って集中する」
と答えると、苦笑いされた。


 自分の作業と言っても、一人で動かす機械を眺めながらブログを書くだけである。
 なんか人間関係で悩むのってすごく損な気がする。
 うじうじぐだぐだいつまでも同じことを喋って、目の前にある楽しいことにも手を付けられないまま時間は過ぎ去ってしまうのに。
 私たちは一体何に悩むのが本当に自分のためになるのだろう。


 私たちの人間関係を悩ますような人なんて、どうせ大した考えもなく口から出まかせで発言しているだけである。
 『あなたのためを思って言ったの』とか言う人もいるけど、全くの嘘なので信じない方がいい。
 一番近くにいる人とか心を許した友人による心からのアドバイスなら聞くべきだが、他人がそう言うのは嘘である。
 せいぜい『人の事まで親身になって考えられる私良い人でしょ』と思っているくらいだ。


 つまり私の言葉は信じないで下さい。
 誰かのためを思って書いてはいないので。


 私は疲労を感じることはあっても、心が折れるまではいかないような気がする。
 きっと私は立派な心なんてこれっぽっちも持っていない。
 私の心はまるでグミのように甘く柔らかで、かつ弾力性があるのだ。
明治 果汁グミぶどう 51g×10袋


 たらたら働くことが大好きで、でも手が遅いのは性に合わず、できる限りの高効率を保つ。
 仕事が遅いのはあまり良いことではない。
 せっせせっせと働けばその分サボる時間が生まれるので、その時間を大切にしない手はない。
 天気の良い日はその時間に下屋まで行きインスタントコーヒーを飲む。


 生きているうちに感じる幸せなんてせいぜい新鮮な空気を吸うときくらいだ。
 だけど別に生きていて不幸なわけじゃない。
 綺麗な人としゃべってドキドキするのも楽しいし、仕事を卒なくこなせれば気分は良い。
 大きな幸せとか考えると、そんなのから程遠い場所にいる私には、逆に息が詰まりそうだ。