会社員が書く雑記

雑記中心。気ままに書いてくよ

どうでもいいな。

 私の家では、私がどこにも行かずに本を読んでいたい気分のときでも、『出掛けたい派』の方が優先されがちだ。


 『出掛けたい派』からは
「家にずっといて嫌にならないの?」
「外で欲しい物とか見てモチベーション上げるんじゃん」
「家にいてもつまらない」
等と言われ、別に面白くも何ともない場所へ行かされる。


 欲しい物があるとすれば大体ずっと前から目を付けている。お金が貯まったらAmazonで注文するつもりである。
 なのに中途半端に買い物に出掛け、色んな商品を見ていれば、衝動買いが発生しかねない。
 衝動買いを抑えるのも苦痛なので、出来れば買うつもりがない商品が並ぶお店には最初から行きたくない。


 今日もユニクロのTシャツを買うのを我慢してきた。
 今ユニクロではガンダムコラボTシャツが販売されており、2着購入すると先着でオリジナルカラーのガンプラがもらえるキャンペーンも実施中である。
 この誘惑はかなり強く、購入寸前まで気持ちが持っていかれてしまった。
 よくよく考えればどうせならもっとお洒落なTシャツが欲しいし、ガンプラも趣味ではない。
 まさに衝動買いである。


 それから電子メモ帳にも気持ちを持っていかれそうになった。
 あれがあれば紙のメモ帳は不要になり、デスクが散らかることも減るだろう。
 だが別になくてもいいし、数千円はやはり自分には出せないのだ。


 外に出たらこんな思いをたくさんしなければならない。
 買うのを諦めるのは地味に辛いことで、もう少しお金が稼げれば、と仕事や収入に関してまで不満を持つことにもなった。
 これがモチベーションの向上に繋がるとか言われても、ちょっと疑問である。


 家で過ごしたかった私の休日は、『外の方が楽しい』という幻想により潰れてしまった。
 外出でくたくたになった私は、家のソファで横になり、居眠りをする。
 たまには半日くらい寝て過ごしたいのだ。


 外出が好きではないだけでこんなにも生き辛いなんて、どうかしているのではないか。
 こちらとしては「私ちょっと行ってくるね!」と颯爽と出かけてもらっても構わないのだが。


 もちろん絶対家にいたいというわけでもない。
 外に出たい気持ちになることもあるのだ。
 だが休日の度にどこかへ行かなければいけない生活は、ちょっとしんど過ぎる。


 私の周りの『出掛けたい派』の方々が、実は『休みの日は外にお出掛けしなければいけない』という強迫観念でも抱えているのでは、と心配にさえなる。
 出掛けずに家で過ごしていると気分が塞いでくると言うのだ。まるで禁断症状である。
 そこまでして出掛けても、一時気分が落ち着くだけで、また休みが来れば出掛けなければならないのだろう。


 とにかく眠りたい私は、隙間時間を見つけては居眠りをしていた。
 出掛けてから帰った後、一時間程度眠った。
 平日で溜まった疲労や飲み会の日の寝不足もあり、どうにも調子が悪かったのだ。


 だから何もしなくていいという時間はとても貴重で、最近はそんな時間が滅多にない。