会社員が書く雑記

雑記中心。気ままに書いてくよ

絶対に他者になろうとするな

 偉い人や尊敬する人が、例え自分の心の中にいたとしても、彼らを目指すものではない。
 彼らと同じことをしても、彼らのようにはなれないのだ。
 むしろ他者を目指す行為が自分を殺すことになりかねないだろう。


 いくら頑張って成果を出し続けたとしても、それが自分の性格に合わない行為であれば、いずれ努力が行き詰る。
 成果を出すことは、目に見えるわかりやすさがあり、努力のし甲斐があるかもしれない。
 だけどそれがわかりやすいが故に、それを目指す人間は多くいる。
 それを目指し勝ち残ってきた人間が、結果的に偉い人になったり尊敬されたりしているのだ。


 組織の中でトップに立つ人間は、多くの人間が排除されていく中で勝ち残ったのだから、とてつもない気質を持っているのだろう。
 そんな気質を、果たして下っ端が真似ができるのだろうか。


 彼らはその努力を、人よりも苦労せずにやり遂げてきた。
 だから多くの人間の中から勝ち残ることができたのだ。
 それは環境と資質がマッチして、彼らにとって生きやすい場所だったからではないだろうか。


 彼らの真似をしようとしたとして、果たして自分にも同じ資質があるのか。
 一度立ち止まって考えてみるのも自分のためのように思う。


 私は組織の中でも下っ端の方で生活をしている。
 年齢でも若い方だし、入社歴も浅い方だ。
 私の様な若輩者が上の立場の方とお酒を飲みに行くと、よくお説教を頂くことがある。


 その中で
「会社の中で誰になりたい?」
と聞かれたことがある。
 もしくは
「~を目指せ」
と具体的な人名を出し、目指すべき方向性を示して頂いたことがある。


 私はその場では肯定の返事をするが、当然上辺だけの返事である。
 私は何者も目指していないからだ。


 もちろん仕事のやり方、振る舞い方、生き方等、勉強になることはたくさんあり、常に学ばせて頂いている。
 だがその人自身になろうとは、なりたいとは、微塵も思えない。


 なぜなら彼らと私は全く別の人間で、その資質も全く異なるからだ。
 おそらく熱心に真似をしようと思えば、どこかで無理が出て、業務や身体に支障をきたすだろう。


 そんなことよりも、もっと私たちが心掛けるべきことがある。
 それは自分が自分であることだ。


 わがままを主張するのではない。
 他者を否定するのでもない。
 ただシンプルに、自分が感じていることを自覚し、行動を自らの手で選択するのだ。


 誰かになろうとするなら、自分だけが持つ大切な資質は育たない。
 その資質が何なのか、まだ見つからなくても、分からなくても、思い付くまま行動を続けるのだ。
 役に立つとか何が得られるかとかは考えなくていい。
 役に立たない無数の経験が自分の中でミックスされることで、誰も持っていない自分だけのオリジナルの武器になる、らしい。


 誰かがそんなことを言っていたのだが、私自身、まだまだ模索中の身である。
 オリジナルの武器は未だ持てずにいる。


 毎日の生活の中で、少しでも興味がわくことに取り組んで、楽しく無駄な経験をしよう。
 つまらないことに割く時間を少しでも手放して。


 そんなことを考えながら、できるだけ健全に生きようと思っている。