会社員が書く雑記

雑記中心。気ままに書いてくよ

女の子とイチャイチャしたいマン

 過酷な日々が続くので、雑多な思考をほとんど手放した。
 あれこれ考えてしまうと疲れが倍になる。
 思考停止し、目の前の仕事を真面目にコツコツとこなす。
 悪いことをしているわけではないので、仕事をすることに関しては特に何も考える必要はない。
 何も考えず真面目に仕事をし、たまに作業効率アップの思いつきや細かい部分でのアイデアを出すだけで金がもらえるので、楽である。


 何なら家庭生活の方が大変だ。
 妻はどうやら生きているだけでどんどん悩みが生まれるらしく、毎日ああだこうだと唸っている。
 何がそんなに大変なのかと問うと、主に妻と妻の母との間の関係に対する悩みのようだ。


 妻は母親と仲が良く、何をするにもまず母親に相談をするタイプだ。
 人生の節目に関してはもちろん、ファッションや私との旅行に関しても相談をする。
 その相談を義母が受けると、世話を焼いてやらなければとあれこれアドバイスをする。
 しかし妻はそのアドバイスが不満らしい。


 アドバイスと言えばありがたいもののように聞こえるが、正確には「指示」である。
 「そんなことはやめなさい」「こうしなさい」「お前にできるのか」
 そんなことを言われた妻は、当然ながら不機嫌になる。
 だったら最初から聞かなければいいのではと私は思うのだが、妻と家族の関係はそこまで希薄ではないらしい。
 決断をする毎に両親に報告をしなければいけないようだ。


 そういえば私が体調を崩し、転職を考えて行動をしていた頃も、私の行動が妻を通して義母の耳に入った。
 私は義母に呼び出され、私の決断は酷くなじられてしまった。
 弱っていた私には怒り狂う義母に対しても抵抗できず、仕方なく転職活動を諦め、現状維持を決めたのだった。


 それはさておき、なぜ30代が目前に迫っている大人にもなって何か決断する毎に親の了承を得なければならないのか。
 私は今まで比較的自由に生きてきたので(自堕落ともいう)、理解に苦しむところはある。
 体調を崩しているときにキツイことを言われたことをまだ心の奥底で恨んでいるため、理解したくないということもある。


 だけど、間違ったことをするのを回避できる可能性は上がるかもしれない。
 何が間違いなのか曖昧な問題ばかりなのでメリットは分からないのだが、家族に相談をすることで足りない情報を補完できるだろう。
 もしかしたら考えていることよりも優れた選択肢を示してくれるかもしれない。


 何もかも曖昧なので、やっぱりいちいち相談する必要はないと思った。