会社員が書く雑記

雑記中心。気ままに書いてくよ

真面目に頑張るのもいいものだ

 最近仕事に熱心に取り組んでいる。
 仕事を溜めず、注意深く作業をし、細かなことも怠りなく取り組むのだ。
 真面目に取り組んでいても、意外とだるくならない。
 逆にブログを書いたりぼーっとしてたり等不真面目に取り組んでいるときのうしろめたさがないので、精神的には安定している。


 どうも私は物事に対して斜に構える癖があるらしく、真面目に生きることなんて馬鹿馬鹿しいと思っていた。
 仕事はちょちょらにこなし、自分のことだけを優先することが、この社会で生きていくための正しい術だと信じていた。


 だけどそんなことばかりしていたら周りからの信用も失い、生活をしていくための場所や金を稼ぐことさえ難しくなりそうである。
 「こいつに任せても期限は守らないし質も悪い」
と思われてしまったら、些細なやり取りさえ難しくなってしまうだろう。
 会社に本当に居場所がなくなり、家でも邪険にされてしまう。
 別の場所に行ったとしても、同じ姿勢のままなら何も変わりやしない。


 私が斜に構えるようになったのは、おそらくではあるが、他人に私の行動をコントロールさせてしまっていた過去があるからだ。
 別に他人の言うことを律義に守る必要はないのだが、「いい子」の私は、他人の言うことをよく守った。
 その結果「社会で真面目に生きても自分は蔑ろにされるだけでいいことない」と思うようになったのかもしれない。


 言わずもがなだが、それは間違いである。
 何が悪かったのかというと、他人の言うことを鵜呑みにして律義に言いつけを守っていたことだ。
 そもそもすべての他人が本気で私自身のことを思い何かを話すとは限らない。
 自分が得をするためだとか、相手を丸め込むためだとか、物事を考えず単純に反射で言葉を発していただけだとか、話す理由は様々だ。
 そんな人の言葉を信じて行動していたのだから、自分が蔑ろにされていると思ってしまってもしょうがない。


 生きることは真面目に。
 他人の話すことは鵜呑みにしない(自分の頭で考える)。
 何も斜に構えることで他人から疎まれる必要はないのだ。


 真面目に生きることができれば、生きることは楽である。
 多少世間とずれていようが、真面目に生きていれば、生活のための知識・経験が積み重ねられ、何かと重宝される存在になれるのだ。
 面白いことを言う必要もないし、愉快な人間のふりをする必要もない。
 クソ真面目に生きて、王道を往こうじゃないか。