会社員が書く雑記

雑記中心。気ままに書いてくよ

今日も僕はネットの海に潜る

 最近Instagramに撮り溜めた写真をアップロードしている。
 せっかく撮ったのに、誰にも見てもらえないのは寂しいから、とは言えそれほどデキがいいわけでもないので、ちょっとずつアップロードしてみた。


 写真に反応するユーザーを見ていると、旅とか自由とか謳うよくわからない人たちの多さに辟易してしまった。
 反応欲しさに足跡を残しまくるユーザーが多いのはどこも一緒だ。
 本当に届いてほしい人に、一体どれだけ届くのだろうか。


 私はこの間結婚式を挙げ新婚旅行に行った。
 儀式的な行いを経ることで、私は結婚したのだという自覚を強めることとなった。
 良い式に、良い旅行であったことは間違いない。


 ただ、結婚相手を大事にするには、他の異性を相手にすることは難しい。
 友人関係を持つことさえ、同性のみに絞られてしまう。
 嫉妬なんて陳腐な感情がこうも厄介なものだとは、それほど深く考えていなかった。
 私は異性の友人と出掛ける機会があったのだが、それを諦め、家へ戻ることとなった。
 家庭の方が大事だから、だ。


 いかにその友人が助けを求めていようと、私はもう踏み込んでいくことはできない。
 男女の関係は、性的な行為に及ばずとも、生きる気力を生み出すものだと思う。
 結婚する前は多くの異性の友人がおり、楽しくやっていたのだが、今は全く会うことはなくなってしまった。


 現状、家庭を大切に守ることが現実を上手く生きる術なのだから仕方がない。
 都会だとどうなのか知らないのだが、私が暮らす場所では少しでも道を外せば生きることが困難になってしまうのだ。


 だから私はネットの海に潜り、現実ではできない自由を得るのだ。
 ネットでは多くの人に私が感じていることや見た景色を届けることができる。
 それが誰かを救うまでにはならないかもしれないが、少なくとも私の欲求は叶えることができる。
 少し有名になれたら、本当に届けたい人にも届けられるかもしれない。


 ゆくゆくは活動の幅が広がってさ、仕事以外でも人と会えて、なんか楽しくなれたらなあって思うのだけど、まあとりあえず気の向くまま活動していくしかないかな。