会社員が書く雑記

雑記中心。気ままに書いてくよ

私は今日も生き延びる

 私はよく「結婚をしてから自由がなくなった」と愚痴をこぼす。それはそれで本当にそう感じているからだ。
 例えば仕事帰りにぶらぶらと本屋を徘徊してから帰れば「遅い」と怒られる。妻は夕飯を作っていて、少しでも早く帰って手伝うことを求められるからだ。
 一人の時間はとにかくない。一人の時間が欲しい。なぜなら自由だからだ。


 仕事に関しても、やりがいのなさに思うことはある。毎日同じ場所へ通い、時にはすることもなく、時間を浪費するのみの一日になることもある。
 しかしそういった多少の自由時間が大事だったり、少ない収入でも生活をする分には十分だったりで、転職はあまり考えていない。


 文句は垂れるのだけど、私はなんだかんだこの生活が大事なのだ。
 妻がいて、仕事があって、職場の人間関係は比較的良好で、忙し過ぎない。趣味のカメラを触ることもできる。
 そして何のためにこの生活を大事に思っているのかと言えば、ずばり「子どもを育てたい」ことが第一の理由だ。


 我が家にはまだ子どもはいない。しかしお互いに意欲はあり、計画を立てながら行動している。
 最近私自身に父性が芽生えた。
 私は以前まで、どうにも小さな子どもは苦手で、周囲にそのような存在がいた場合、避けていた。どう接していいかわからないし、怖かった。


 子どもは、いつか私が知らない世界を知ることとなる、次世代の担い手だ。いずれ私が老いたとき、彼らに世の中の最先端を教えてもらうことだってあるだろう。
 彼らがこれからの世の中を渡りやすくすることが、私のすべきことではないか。
 ほんのささいなことでもいい。例えば優しい大人を演じることで「良い大人もいる」と思ってもらえたら、それでいいのだ。子どもが知らない「楽しいこと」を教えてあげるのもいい。
 そう思ってから、私は子どもに対して「普通に」接することができるようになった。


 私だって大人からたくさんのことを教わったのだ。大人はそんな意識はないかもしれないが、私はそう思っている。世の中のちゃんとした大人が私を育ててくれた。
 自分の子どもを育てられたら一番いいのだが、当然よその子であってもかまわない。
 私の存在を、面影を、未来に生きる誰かが覚えてくれていたら、私はこの世に何かを遺せたことになるだろう。


 だから、今の生活がつまらないと感じることもあるが、そのことにこだわる気はないのだ。
 金が何だ、自由が何だ。私は今日も生き延びるのだ。