会社員が書く雑記

雑記中心。気ままに書いてくよ

たまには外へ行く -新潟件十日町市-

 いつも妄想を垂れ流しているこのブログだが、たまにはリアルな日常の記事を書こうと思う。
 と言うのも、珍しく遠出し、写真も撮ってきたので、せっかくだから載せたいという気持ちがあるからだ。ちなみにSONYコンデジRX100M3で撮影し、縮小サイズのJPGをスマホに送り、スマホの画像編集ソフトで少しいじったので、画質はお察しである

 場所は私の住む新潟件にある十日町市というところへ行った。十日町市は新潟件の南部に位置しており、川や山など豊かな自然に恵まれている。


f:id:msne:20190916210434j:plain
 早速だが本日の目的地、清津峡である。日本有数の景勝地であり、
‘’昭和24年9月に国立公園に指定され、その荘厳なる閃緑ひん岩と柱状節理の美しさから、
黒部峡谷、大杉谷とともに日本三大峡谷の一つに数えられています。‘’
とのことである。(公式HPより抜粋)

f:id:msne:20190916210446j:plain
 川の流れが美しく、気持ちのいい場所だった。


f:id:msne:20190916210501j:plain
 峡谷トンネルへ続く。清津峡峡谷の大自然を安全に楽しめるよう作られたトンネルだという。

f:id:msne:20190916210523j:plain
f:id:msne:20190916210535j:plain
 トンネルを進むとライトにより幻想的かつ近未来的な雰囲気が演出されている。

f:id:msne:20190916210547j:plain
 トンネルの中継地点には、雄大な峡谷と美しい川の風景を見ることができるスポットがいくつかある。
 トイレが設置されている場所もあるのだが、なんとトイレの中はマジックミラーとなっており、中から外を覗くことができるのだ。(諸事情により写真は撮れなかった)

f:id:msne:20190916210609j:plain
 最奥には各種メディアで紹介されることのある映えスポットが。この日はあいにくの曇であまり良い景色が撮影できなかったが、誰でも映える写真を撮ることができる。
 靴を脱いで水の上を歩いていくことができるのだが、水がとても冷たく気持ちよかった。もし行くのであれば足を拭くタオルを持って行くといいだろう。

f:id:msne:20190916210624j:plain
 お昼に「名代生そば 由屋」でへぎそばを食べた。コシが強く、つるつるとした食感が美味しかった。薬味に添えられているのはネギとからしである。


 たまにはアクティブに出かけてみた。見知らぬ土地だったので、見るもの全てが新鮮で楽しかった。新潟県も縦に長く、同じ県内でもなかなか行く機会のなかった十日町である。今回紹介しきれなかった場所も数多くあり、また季節によってはイベントも開催されているため、別の機会にまた遊びに行くのもいいと思った。
 朝早くから家を出た甲斐があり、どこも混み始める前に行くことができた。清津峡峡谷トンネルは、もう1時間遅かったら駐車場まで続く長い列に並ばなければならなかっただろう。


 普段遊びに行くと言えばイオンかアピタになりがちだが、新潟にはたくさん訪れるべき場所があるようだ。外に目を向けることで新たな刺激を受けられるかもしれないので、今後も新しい場所、新しい体験を探してみたい。