会社員が書く雑記

雑記中心。気ままに書いてくよ

手帳を久しぶりに開いて整理して書き込んでみた

 仕事のことが頭から離れないから、自分が何をそんなに悩んでいるのかを認識するため、手帳に書き出してみた。
 「朝、まず資材の手配をする」
 それだけだった。思った以上に何も考えていなかった。
 にも関わらず何やら悩んでいたみたいなので、何か悩んでいたら書き出してみるのはやはり有用なようだった。


 久しぶりに手帳を開いたと思ったらその程度の用だったのだけど、せっかくだし今後も使っていきたい。
 昔書いたメモみたいなものを眺めてみたけど、別に有用なことも書いてなかったから、捨てた。システム手帳なので簡単に整理できた。
 残りページ数が少ないから新しいリフィルを差し込む必要があるが、とりあえず真っ新な手帳になった。


 私はメモ帳の類の活用が下手だ。アイデアを書き留めるとか支出をまとめるとか、始めたことはあるものの、結局今まで続いたものは何一つない。
 それなのに立派な手帳を持っているので、また三日坊主になるかもしれないが、何かしら活用できればと思う。


 手始めになんとなく思い浮かんだことを書いてみた。
 仕事が嫌い、誰々が気に食わない、時間が足りない、金がない…云々。
 いつからこんなに傲慢になったのだろう、様々な不満が噴出したわけだけど、それらに共通しているのは「自分ではどうしようもないこと」だった。


 仕事が嫌いなら転職すればいいけどそれをしていないのは、身の周りの環境や金銭面の問題が絡み、転職のリスクを思えば簡単に行動に移すことはできない。
 気に食わない人間がいるのは当然のことだし、時間なんていくらあっても足りない。
 こういうことはまあ頭の片隅に置いておいてもいいけど、いくら思い詰めたところで解決はしないだろう。


 そんなことよりも、限られた時間や金をいかにうまく回せるかを考えた方がきっと良い。
 金や時間の使い方、人との関わり方、睡眠時間をいかに確保するか等々。
 自由は少ないが、その中でできることだけ、自分でコントロール可能なものにだけに目を向けて、誠心誠意集中すればいいのだ。


 そんなことを自分に言い聞かせるように手帳に書いていた。何か変わるのかしら。


 ローランド様もメモ帳を持ち歩いているし、私もとりあえず持ち歩いてメモしまくってみようと思う。