会社員が書く雑記

雑記中心。気ままに書いてくよ

焦って起こした行動にどんな価値があっただろう

 私は今も昔も焦りながら生きている。
 それほどでもない能力と、贅沢のできない収入と、鬱とかパニック発作とかを足枷として全く動けない自分と、長いこと付き合ってきた。
 今思えば、だ。大学在学中に心療内科メンタルクリニックに通っていればよかった。望むならいくらでもぬるま湯に浸かれる環境だったので、療養にはもってこいだっただろう。
 だがその判断はできずに、無理をして過ごしていた。


 成績優秀で異性関係も上々な所謂リア充になりたかった。
 もちろんやっていたことは講義をサボりアパートの部屋で一人自慰に耽る、外との関係を断つようなことだ。その頃教養科目で履修した文学をきっかけに本等も読んだが、気力も少なかったため本の虫にまではなれなかった。
 当時流行り始めていた動画サイトへの投稿もしたが、長続きせず終いには「投稿者失踪シリーズ」タグが付けられてしまった。今は非公開である。


 何かを成すことでアイデンティティを得たかったのだと思う。それさえ得られたら自信がつき、メンタルも強く生まれ変わるのだと思っていたのかもしれない。
 全ては後になって分かることなので何とも言えないのだ。あの頃はそれで精一杯だった。虚勢を張ることに心血を注いでいた。


 あの頃の自分にはとにかく自信がなかったわけだけど、自信の無さ故に非リア充になってしまったのだとは思わない。
 自信がなくとも勉学に勤しむことはできるだろう。むしろ自信がないからこそ熱心に取り組むことだって考えられる。
 もしかすると「真面目である」と評価を受け、現実的な異性と交際できたかもしれない。


 やはり「焦りは禁物」なのだ。
 気持ちが焦っていたから、あの時「一旦休憩する」という選択肢を排除し、突発的に動画投稿を始めたのだ。
 別に動画を作ることが大して好きなわけじゃなかったし、大学入学用に購入したチープなノートPCで動画制作には適しておらず、長続きする理由がなかった。


 精神面、身体面、金銭面にトラブルが起きると、気持ちが焦りやすくなり、将来に対して悲観的なイメージを抱いてしまいがちである。
 私の場合、現在金銭面が非常に不安である。この稼ぎだと車も買い替えられないし家も建て替えられない。子どもができたら良い学校に通わせたいけど、ほぼ確実に地元の公立校である。
 転職や副業も視野に入れている。視野には入れているが、まあ今は保留である。
 仕事にも慣れており安定している状態なので、この環境は大事である。収入が少ないとはいえ転職で給料が上がる保証もない。住んでいる場所が地方なので、給料なぞどこも似たり寄ったりである。


 現状に不満だらけでも、焦ってはいけない。
 もし転職して収入が上がったとしても、落ち着いて働ける環境は確実に失われてしまう。
 転職自体を否定しているのではなく、焦りから生まれる行動はあまり良い結果を生まないのでは、ということである。


 一呼吸置いて、長い目で見たら効果的なことに取り組むことこそ今すぐやった方がいいのではないかと思った次第である。