会社員が書く雑記

雑記中心。気ままに書いてくよ

こんな時だからこそ私のインドアな過ごし方を紹介しようと思う

 私はどちらかというとインドアな人間である。休日はほとんど家から出ずに過ごす。
 結婚してからはスーパーくらいには行くようになったが、妻にせがまれなければ外には出ない。
 このような性格だと、ついこの間まではひきこもりだの何だのと言われていたが、今はこのご時世に適応した性分であると自負している。


 では家で何をして過ごしているのか。
 家にいても面白いことがないのではないかと思われるかもしれない。
 しかしそれは誤解であり、毎日があっという間に過ぎ去ってしまう。


 「家にいると暇でしょうがない」という人との違いは、おそらく朝のスタートダッシュにあるだろう。
 家に居慣れていない人間は、とにかく今日という日に何か活動をしようと朝規則正しく起きる。妻がそうだ。長く寝ていられない性質だ。


 だが別段することもなく出かける用事もないのに普通に起きるのははっきり言って愚策である。
 私としては、何もなければせめて朝10時半までは寝ていたい。どうせ早起きしても出かけられなければ暇潰しを探すことになる。それであれば、長く睡眠を取ることで夢心地を楽しむのが良い。
 昔好きだった子のことを考えたり、美味しい唐揚げを飽きることなくたくさん食べられることを考えたりすれば、きっと夢に出てくるだろう。
 懐かしさを覚える一本の映画を観た後のようにすっきりとした気分になるはずだ。


 夢から覚め、何となく起きる気持ちになったら、とりあえず顔を洗って食事を取ろう。
 おすすめはハンドドリップでコーヒーを淹れることだ。これは時間がない朝にはできないことである。
 やったことがないという人は是非やり方を調べて実践してみてほしい。
 そして目玉焼きを焼くのだ。目玉焼きはご飯にもパンにも合う万能なおかずだ。しょうゆ、ソース、マヨネーズ、好きなものをかけて食べればいい。


 食事を終えたら洗い物が出る。洗い物は時間がないときには面倒でしかないが、僕らには音楽がある。
ソニー SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3 : 完全ワイヤレス/Bluetooth/ハイレゾ相当 最大6時間連続再生 2019年モデル ブラック WF-1000XM3 B
 こいつを耳にセットし、好きな音楽を流しながら洗い物をすれば時間はあっという間に過ぎ、気が付けばすべての皿は磨かれているだろう。
 ノイズキャンセリング機能を使えば水の流れる音も気にならない。水道から水が流れる音もまるで川のせせらぎのように聞こえるだろう。


 さて、あっという間に昼過ぎだ。
 朝食と昼食を兼ねた食事をブランチという。先程の食事は言わばブランチだ。別に一日三食きちんと摂る必要はない。そんなものは陰謀である。
 ただ3時のおやつの時間は必要だ。きっと小腹が空き、何かをつまみたくなるだろう。
 そんなときのおやつにはコイケヤのポテトチップスをおすすめする。
湖池屋 じゃがいも心地 オホーツクの塩と岩塩の合わせ塩味 58g×12袋

 理由は単純に美味しいからである。


 そんな風に過ごしていると体脂肪が気になってくる。
 ソファに横になって昼寝をかましたいところだが、その前に体を動かそう。
 

【毎日2分】みるみる腹筋が引き締まる最強プランク

 美人と一緒だと思えば多少の負荷ぐらい何ともない。
 キュートなヒップラインを眺めながら自分の脂肪を撃退しよう。昼寝はそれからである。


 昼寝から目が覚める頃には夕飯の支度の時間だ。ここまでくればもう一日は終えたと言っても過言ではない。
 このような生活を送ればあっという間に一日一日が過ぎ去ってゆくことだろう。気が付けば外の世界では騒ぎが収束し、浦島太郎状態となっていること請け合いである。


 もし刺激が欲しければ本を読んだりNetflixを視たりする時間を作ればいい。
 家にいてもいくらでも時間が潰せる怖い時代になったものだ。


 尚全て戯言であるため、生活の質だとか人間としての在り方だとかそのようなことは考えないで頂きたい。
 以上。