会社員が書く雑記

雑記中心。気ままに書いてくよ

特にない、仕事などない

 わたし、満たされてる……


特にない

特にない

  • 藤井 風
  • J-Pop
  • ¥255


 今日も元気よく出社したが如何せん暇だったので、備忘録を作成した。
 以前私はある作業を残業をして終わらせようと思っていたのに、滅多にない作業だからやり方を忘れ、15分程右往左往してしまったことがある。そういうときのためのメモなのだが、私が急に会社から消失したときにいつでも誰でも同じことができるよう、事細かに記載したつもりだ。
 こうやって少しずつ会社から消失する準備ができていくのかもしれない、と作業をしながら感じた。


 以前までは多かれ少なかれ会社に対して何かの期待を、熱を持ち業務に励んでいた。改善案があれば誰かに話したし、生意気なことを言うときもあった。
 だけどしばらく理不尽な環境に身を置き仕事をこなすうちに、会社に、ひいては他者に何も期待を持たないと心に誓うようになった。
 自分の外側に対して変化を期待したところで、何も変わらずに終わることの方が多い。自発的に変わろうなどと人間それほど思わないものだ。
 今の慣れ切った環境が心地いいのである。それが劣悪な環境だとしても、慣れていない不安定な環境よりは百倍マシなのだ。


 だからこちらが他者に変化を求めても、他者はそんなこと微塵も望んでいない可能性が高い。
 求めれば期待する。期待は裏切られる。裏切られたら憂鬱だ。憂鬱だからなおさら別のものを求める。そんなループはもう御免だ。


 何も期待しなくなったとき、ようやく周囲の本当の輪郭が浮かんでくる。
 自分が何に囲まれているのか。その中にいてどう感じているのか。このままここにいたらどういう影響が自分に起きるのか。
 冷静に観察してみて、一番まともな判断は何か。


 すぐに決断をする必要はない。急くから仕損ずるのだ。
 心を落ち着け、偏見を取り去った目で見て判断し続ける必要がある。
 ここはどんな場所だ?