会社員が書く雑記

雑記中心。気ままに書いてくよ

そうして私は友達がいなくなった

 私は友達がいない。


 FacebookやLINEに登録されている人数はそれなりにいるが、メッセージをやり取りするような仲の人はいない。
 その時々で繋がることはあるが、その繋がった記録として連絡先がデータとして残っているだけである。
 連絡を取り合いどこかで会うという行為は行われない。


 学生時代の友人との関係は切れてしまった。
 あんなに仲が良かったのにと思うこともあれば、切れて清々したと思うこともある。
 皆、どうやって関係を深め維持しているのだろうと不思議に思っている。


 私には人生の中で時折人間関係から断絶される時期がある。
 高校を辞め一人で再入学の準備をしていたり、大学を留年し一人で通学したり、病気で寝込んでしまったり、人生のどの段階においても挫折をしていた。
 そしてその度に人間関係が切れていた。挫折に対して負い目を感じ、誰とも会いたいとは思えなかったので、自分から連絡をすることはなかった。相手からくる連絡には精一杯応えたのだけど。


 私はどちらかというと異性の友人の方が多かった。
 休日に何人か、もしくは二人で出掛けたこともよくあった。単純に友達だったから一緒に遊んだ。
 何なら最後の友達は異性だった。その方とは数年来の付き合いで、知り合ったきっかけはネットだったが、数回リアルで会った。その方と最後に遊んだ記憶は大事にしまってある。


 しかし結婚という大きなイベントを経ると、異性との交流は控えるようになってしまった。既婚者が異性と二人で会うのは常識的におかしい。配偶者に指摘される前に、自ら異性を誘うことをやめたら、向こうからも連絡が来なくなった。
 ある異性の友達から「既婚者と遊ぶのはよくない」と、やんわり拒絶された。


 そうして私は友達がいなくなった。


 一人で過ごす時期は私には必要だった。その度に様々なことを考え成長するきっかけになったからだ。
 だけど、別に一人がいいなんて言っていない。友達がいれば遊びたいのだ。
 ひどく退屈しているし、このままでは息が詰まる。